四国の温泉めぐり 2017.3 高知県
2017.03.02〜03.06



午前9時半に我が家を出発して、カフェ湖畔遊に着いたのは12時でした。

◇温泉cafe湖畔遊   高知県香美市香北町有瀬100
【営業時間】11:00〜19:00 休(金曜)
【料金】750円
【泉質】ナトリウム・塩化物泉 pH7.5
【泉温】度
   
加温・掛け流し・塩素消毒
エメラルドグリーンの美しい湖の畔に建つ温泉cafeです。
まずは温泉から〜(^^♪
加温していますが循環はしておらず、掛け流しで利用されています。塩素消毒しているそうですが、塩素臭は感じませんでした。
うっすらと茶色がかったお湯で、やや温めに設定されて、とても気持ち良い時間を過ごすことができました。
昼食は蕎麦をいただきました。オムライスも気になったのですが、1420円という値段を見てパス・・・
 
次は山奥にある温泉です。
対向車が来ないよう祈りながら進むこと約7km。小さな集落にやって来ました。

◇こまどり温泉   高知県安芸市黒瀬550
【営業時間】11:00〜18:00 火曜日休
【料金】400円
【泉質】総硫黄、メタホウ酸
加温・循環 塩素消毒は不明
山奥なので渋い雰囲気の温泉を想像していたけど、建物は新しくて綺麗でした。
温度調節のために循環させてパイプからお湯を出しています。塩素臭は感じませんでした。
わざわざ細い道路を7kmも走って行くほどの温泉ではないような・・・

高知市内に移動して、車中泊場所の「天神橋パーキング」へ〜
車中泊料金は2000円でした。(大きなキャンピングカーは2500円)
徒歩10分ほどで「ひろめ市場」に行くことができます。たくさんの観光客がお酒を飲んでいました。
飲み過ぎて駐車場に帰れなくなると困るので、酒の肴を買って車内で飲みました。

翌朝、「道の駅四万十大正」を目指しました。近くに2ヵ所の入りたい温泉があるのです。
朝8時半頃に到着して、朝食を売っている店を探しました。何もありません。
「道の駅四万十とおわ」のあたりに行っても店は開いていませんでした。
食べ物をGETできたのは「四万十カヌーとキャンプの里かわらっこ」のお店でした。


この日は温泉を諦めて、道の駅で昼寝zzz・・
◇道の駅ビオスおおがた  
     
この道の駅の食堂は午前7時から営業しています。卵かけご飯を食べたあと、四万十川河口にある「土佐西南大規模公園」の駐車場で時間をつぶしました。
「山みず木」はちょうど対岸にあります。

◇山みず木   高知県四万十市名鹿432-10
【営業時間】12:00〜19:00 
【料金】500円
【泉質】ナトリウム・カルシウム-塩化物冷泉
加温・掛け流し 自然素材の石鹸のみ使用
2階の受付で500円払って浴室に案内してもらいました。
貸切り風呂です〜(^^♪
加温・かけ流しで、有馬の金泉に似ています。窓からは四万十川の河口を見下ろすことができます〜

◇民宿 青岬    高知県土佐清水市松尾うすばえ1042  (清水サバお刺身プラン 11340円)
 
「清水サバやアジなどの刺身」「カツオのタタキ」「牛肉のタタキ」「グラタン」「ナマス」「清水サバしゃぶしゃぶ」「サバ寿司」
日本酒2合飲んで満腹だぁ〜(^^♪
白いご飯は食べられませんでした。
朝食も美味しかったよ。

須崎に移動して最後の温泉です。
ここでは本に付いていた無料券を使う予定でした。しかし、本を持って行くと「今はもうお断りしているんですよ。」と・・(T_T)
がびーん!!!
実は無料券が使えないという事を夢で見ていたのです。まさか正夢になるとは・・・ 私、予知能力があるのかなぁ〜(笑)

◇山里温泉旅館    高知県須崎市上分乙1336
【営業時間】11:00〜17:00
【料金】700円
【泉質】硫化水素泉 pH8.4

【泉温】17.5度
加温・掛け流し
川沿いに建てられた温泉棟、ご主人手作りです。
カランやシャワーからも温泉が出ます。硫黄の香りが心地よい〜(^^♪

夜は、3日前と同じく高知天神橋パーキングで車中泊。
翌朝は7時に出発して我が家へ帰りました。