2017夏の放浪
2017.06.04〜07.04


6月4日深夜、新日本海フェリーで舞鶴から小樽に向かいました。部屋はステートBで、割引を使って約6000円安くなりました。
翌日の夜9時頃に小樽着。ニセコの道の駅に向かいました。
ここは地デジがよく映り、ネット環境も良い。4つのFreeWi-Fiがあり、私はGoogleを利用しました。

北海道1湯目はニセコ五色温泉でした。
お昼は道の駅の隣にある「そば処おおはし」で韃靼蕎麦を・・・体に良いらしい。
そして、昼からはニセコ黄金温泉へ〜


ニセコから洞爺湖へ移動。「来夢人の家」という温泉施設が併設されている仲洞爺キャンプ場で車中泊しました。
車の乗り入れができる第2駐車場は、通路以外ならどこに停めてもOK〜(^^♪
夕食は焼肉です。ラム肩ロースと牛サガリを車内で・・ 

次に向かったのは濁川温泉「新栄館」です。相変わらず渋い温泉です。
お昼は「道の駅しかべ間歇泉公園」で昼食だ。カレイの煮付けが絶品!!
ここでは2泊しました。
無料Wi-Fi・地デジOK 大型トラックが来ないので静かです。


北海道で1週間過ごした後、津軽海峡フェリーで大間に渡りました。(ネット予約で1割引き)
大間港から20分ほど走ったところにお店がありました。
少し早めに昼食〜 めっちゃ美味しい〜〜(^^♪
 
青森県1湯目は恐山温泉でした。硫黄の香りが心地よい。

この日はJR下北駅の駐車場で車中泊。駅前に食堂があり、トイレは24時間使用できます。大型車が来ないのも嬉しい。
歩いて行くには遠いけど、お店も多くてスーパーもある。

朝風呂は野辺地と三沢の中間あたりにある「東北温泉」へ〜
モール泉です。日本一黒いらしいpH8くらいなので若干ヌルヌルします。
適温の主浴槽と熱い浴槽、水風呂などがあり、カランの湯も温泉でした〜

次は千人風呂で有名な酸ヶ湯温泉です。何度でも来たくなる素晴らしい温泉です。


道の駅碇ヶ関で車中泊して、早朝に向かったのは「奥奥八九郎温泉」です。
楽しみにしていたのですが、入浴禁止になっていました。残念〜〜(T_T)


八幡平まで走って蒸けの湯の混浴露天風呂へ〜(^^♪
今まで何度か来ましたが、ここにはまだ入っていなかったのです。開放的で気持ち良い。
 

鹿角まで戻って、道の駅で車中泊。夜は車中で酒盛りだぁ〜

翌日は岩手県に移動して、旅館に泊まりました。
◇鉛温泉 藤三旅館    岩手県花巻市鉛字中平75−1
【営業時間】 7:00〜21:00 
【料金】 700円
【泉質】 単純温泉、アルカリ性単純高温泉
天然の岩をくり抜いて作った岩風呂「白猿の湯」が有名です。
深さ1.25mで立ったまま入る珍しい温泉で、湯船の底から温泉が湧き出ています。


◇須川高原温泉 大露天風呂   岩手県一関市
【営業時間】 6:00〜21:00
【料金】 300円
【泉質】 含硫黄・鉄(U)ーアルミニウムー硫酸塩 ・塩化物泉 pH2.2
【湧出量】 毎分6000リットル
岩手・秋田・宮城の3県にまたがる栗駒山の中腹、標高1126mにある温泉です。今回は大露天風呂に入ってきました。


山形県に移動してJR高畠駅の駐車場へ・・なんと駅に温泉が!!
深夜0時30分から朝6時までトイレが使えませんが、そのおかげか夜はとても静かです。
トラックもキャンピングカーも来ません。

翌朝は小野川温泉に行ってきました。
◇尼湯  山形県米沢市小野川温泉2472−2
【営業時間】 7:00〜21:00
【料金】 200円
【泉質】 含硫黄−ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉
観光客用の駐車場には足湯があります。
白い湯の華が漂い、硫黄臭が心地よい。やや熱めかなぁ〜

次は福島屋さんへ〜
◇滑川温泉 福島屋    山形県米沢市大沢滑川1115
【営業時間】 9:00〜16:00
【料金】 500円
【泉質】 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
岩風呂に入りたかったのですが、私が訪れたときは女性専用の時間でした。
で、混浴の桧風呂に入ってきました〜(^^♪


翌日は、体を鍛えるために(笑)太平温泉「滝見屋」さんに向かいました。

◇太平温泉 滝見屋    山形県米沢市李山12127
【営業時間】 9:30〜15:30
【料金】 500円
【泉質】 カルシウム−硫黄塩泉 (低張性中性高温泉)
「対向車よ来ないでくれ〜」と願いながら9時20分に駐車場に到着。
ちょうど宿泊の方が帰るところでした。宿から駐車場まで25分かかったとか・・ヒイヒイ言いながら駐車場に戻ってきました。
急坂を下ること約15分。膝が笑い始めたころ到着。
極楽温泉を楽しんだあとは地獄が待っていました。上りは45分もかかってしまいました〜(T_T)


次の日は姥湯温泉に宿泊しました。今回の旅行で一番気に入りました〜
◇姥湯温泉 桝形屋   山形県米沢市大沢姥湯1
【営業時間】 9:30〜15:30
【料金】 500円
【泉質】 単純酸性硫黄泉
この宿の部屋には埃が全く無かった。素晴らしいです。


昨年入り損ねた微温湯温泉に行ってきました。
◇微温湯温泉 二階堂    福島市桜本温湯11
【営業時間】 要問合せ
【料金】 500円
【泉質】 含アルミニウム泉
可愛い猫が2匹居ましたが、まずは温泉へ〜31.8度の源泉がドバドバ投入されています。
ぬるい温泉は長時間浸かっていられるから嬉しい。1時間、極楽を独り占めしました〜(^^♪


◇岳の湯  福島県二本松市岳温泉1-270
【営業時間】10:00〜19:00
【料金】350円
【泉質】酸性泉
◇奥岳の湯
【営業時間】 10:00〜17:00
【料金】 600円
【泉質】 単純酸性温泉 pH2.5




岳の湯に宿泊しました。1泊3600円也
自炊もできるし、部屋には冷蔵庫もあります。ただ、夜中にダニか何かの虫に50ヶ所ほど刺されてしまいました。
不思議なことに痒くはなかった。

奥岳の湯は安達太良ロープウェイ乗り場の近くにあります。私が着いた時には10人ほど並んでいました。
ここは開放的な絶景露天風呂が有名なのだが・・・霧で何も見えません〜

カレーは近くの「道の駅つちゆ」で・・、ソースかつ丼は岳の湯の斜め向かいの店で・・、右の定食は無料駐車場の入り口にある店で食べました。



岳温泉「岳の湯」には2泊しました。
朝風呂は4時半ごろ・・・ もちろん、私しか居ませんでした。
岳の湯をチェックアウトして向かったのは栃木県の「北温泉」です。
◇北温泉旅館   栃木県那須郡那須町湯本151
【営業時間】8:30〜16:00
【料金】700円
【泉質】単純温泉、弱食塩泉、鉄泉
整備された駐車場から400m歩いて行きます。
旅館が見えてくると、手前に大きな露天風呂が見えます。ここは水着で入っても良いそうです。
私が入ったのは天狗の湯です。30分ほど独り占め〜(^^♪


奥鬼怒温泉に入るために女夫淵駐車場で車中泊しました。朝食はカップヌードル〜((笑))
温泉に入るためには徒歩で1時間以上かかるのですが、宿泊客は車で送迎してもらうことができます。
今回は「八丁の湯」に泊まりました。

まずは八丁の湯から歩いて20分くらいの日光沢温泉の露天風呂に入ってきました。
◇日光沢温泉  栃木県日光市川俣874
【営業時間】 9:00〜15:00
【料金】 500円
【泉質】 露天風呂下 含硫黄−ナトリウム−塩化物温泉
      露天風呂上 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
とても気持ちの良い露天風呂でした。
ホントはここに泊まりたかったのですが、この旅館には送迎が無いんです〜(T_T)

宿に戻って温泉へ・・
◇八丁の湯  栃木県日光市川俣876
【営業時間】 9:00〜15:00
【料金】 500円
【泉質】 単純温泉
温泉は男女別の内湯と女性専用露天風呂が1ヶ所に混浴露天風呂が3ヶ所あります。
露天風呂はいずれからも滝を望むことができ、ほんのりと硫黄の香りが漂う素晴らしいお湯でした。


◇日光東照宮
見学した後、群馬県の「道の駅よしおか温泉」まで走って、ここで車中泊。
温泉に入って食堂でビール〜〜〜


翌日の朝風呂は尻焼温泉へ
◇尻焼温泉 群馬県吾妻郡中之条町入山尻焼温泉
【営業時間】 24時間
【料金】 無料
【泉質】 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
※駐車場は200m離れた場所にあります。
水着等OKだが、雨が降ったら着替える所が無い。手前にある共同浴場は水着禁止です。
川はやや熱めでした。底がヌルヌルして危険かも・・
共同浴場は気持ち良かった〜

地獄谷野猿公苑に寄ってきましたよ〜 子猿が可愛かった。
このあと奥飛騨温泉郷の新穂高の湯白川郷などに寄って、7月4日の朝に自宅に戻りました。