◇湯泉地温泉 十津川荘  奈良県吉野郡十津川村武蔵701

【泉質】硫化水素泉
【泉温】70度(温度調節のため加水)
宿に到着すると、早速温泉へ〜
まずは宿を見下ろす高い場所にある貸切露天風呂へと向かいます。
なぜか入り口は2箇所あります。でもお風呂は1つだけ・・・
混浴だった頃の名残らしい。
やや熱めの硫黄泉で、お肌がスベスベになります。気持ち良すぎて長湯してしまいました。
お茶を飲みながら30分ほど休憩して、次は家族風呂に入ってみました。硫黄の香りが充満しています。
湯船の中に板が備え付けられていて、座って半身浴を楽しむことができました。

そして2つ目の貸切露天風呂からは眼下に清流を望むことができます。
露天風呂(1)は午後9時半まで、家族風呂と露天風呂(2)は24時間いつでも入ることができます。
これら3箇所の貸切風呂のほかに男女別の内湯もあり、十津川荘には計5つのお風呂があります。
もちろん女湯は見ていませんが、どれも素晴らしいお風呂でした。

18時から別室に移動して、いよいよ待ちに待った夕食です。
たっぷりと湯浴みを楽しんだあとは冷たいビールが旨い!!
メインは牡丹鍋です。
先週、篠山で食べたのは味噌味でしたが、今回はダシ汁で煮込んでいます。
鹿肉の刺身、あまごの塩焼き、そして茸や野菜等、すべて美味しくいただきました。
最後はウドンを入れてお腹一杯に〜


地図