釣行記録    2005.3.19  和歌山県串本 「河田フィッシング」


串本でノッコミ真鯛が釣れ始めたらしいので、15日に「河田フィッシング」さんのカセに予約の電話を入れました。

ここのカセは湾内の養殖生簀にロープで繋ぎとめているため、少々外海が荒れても釣りができます。

前夜8時半に枚方を出発し、途中で餌や飲み物を購入して港へ着いたのは0時半でした。

高速道路が南部まで延びたおかげで串本がかなり近くなりました。


朝6時頃、東の空が明るくなり、いよいよ今年の初釣りです。(3月でも初釣り?)

お天気が良くて風も穏やかで、湾内なので当然波はありません。

6時半頃、船に荷物を積み込んでカセに向かいます。

今回の釣り場は水深は40m、目の前に串本大島へ渡る橋が見えます。東向きで朝陽が眩しい〜

カセにはトイレ(写真上右)が備え付けられていて、お腹をこわしていてもバケツは必要ありません。

後ろは真鯛の養殖生簀(写真上中央)で、日焼け防止の黒いシートで覆われていました。


釣り方は天秤ズボ、完全ふかせ、胴付きと3種類を準備。


まずは天秤ズボ、ハリス4号9m・グレ針10号・錘30号で底近くを狙ってみました。

餌取りは全く居ません。仕掛けを上げると錘は冷たく、オキアミもきれいなままでした。

2時間ほどオキアミの入れ食い?が続いたので、潮は流れていなかったけど完全ふかせ釣りの竿も出してみました。

でも結果は同じくオキアミ入れ食い・・・・(T_T)

一度も竿先が海中に舞い込むことなくお昼になりました。


あっ!ビール買ってくるのを忘れた・・・

仕方なくお茶を飲み、お弁当を食べて3本の竿にアタリが来るのを待ちます。

近くのカセを見渡してみても、どこも釣れた様子はありません。

朝から沈黙が続いています。
15時半になり、ついに生命反応の無いまま撤収〜

お土産にアジの開きを戴きました。






               昨年11月に乗ったカセ→
17時前にビジネスホテル串本に到着し、温泉で○ボーズの疲れを癒しました。

夕食は隣の焼肉屋さんで腹いっぱい食べて飲んで、19時半には眠りにつきました。