2006初釣り&温泉巡り

06.2.11〜12
【お世話になった釣り船&温泉】

庄門丸伝馬船  和歌山県日高郡印南町島田2254−7
花山温泉     和歌山県和歌山市鳴神574
犬鳴山温泉 元湯温泉荘別館「山乃湯」  
大阪府泉佐野市大木町

まだ暗い午前6時頃、まず磯釣りの人たちを乗せて船が出て行きました。
夜が明けるといよいよ伝馬船の出船です。4隻がロープで繋がれポイントに向かいました。
初釣りなのでワクワクしますぅ〜
船頭さんの合図でアンカーを投げ入れたのは切目崎の沖、港を出てすぐの場所でした。
波も風も無く、良いお天気〜♪
潮が流れていなかったので、まず天秤ズボ釣りでイサギ&マダイをねらいました。水深は約30mでオモリ30号・ハリス4号6mです。
まだ水温が高いのかエサ取りがたくさんいました。
どこまでタナを上げてもダメで、お手上げです。

そのうち風が強くなり波も高くなってきました。
完全ふかせ釣りができる状態ではありません。
仕方なく天秤ズボでせっせと打ち返すもアタリ無く、時間はもうお昼前に・・・
「今日はボーズかも〜 温泉に入って帰ろうかな」と少し弱気になってきました。
ところが12時半頃、風向きが変わって強風が治まってきました。
天秤ズボをやめて
完全ふかせ釣りに変更です。ハリスは3号にしました。

まだ潮は流れていなかったのですが、フリーにしたスプールが気持ちよくギューンと回転しました。リールを巻き始めると重量感は無く、25cmにも満たない小さなイサギでした。あぁ、やっとボーズを免れた〜
2尾目も先ほどと同じようなイサギ・・・
13時を過ぎた頃やっと潮が動き始め、リールのスプールがグワァーン!と唸りを上げて回転しました。
大物に備えてドラグを緩めていたので、ストッパーをONにしてもズルズルと糸が引き出されていきます。
久々に心地良いやり取りを楽しみ、ハリスを手繰るとユラーっと白っぽい魚が浮いてきました。真鯛だ!
ヨコワ用に買った大きなタモで掬うとかなり重い。62cmでした。
   

釣れたので真っ直ぐ家に帰ろうとも思いましたが、すぐにビールを飲みたいし温泉にも入りたいなということで、14時半に港を出発して御坊のビジネスホテル亀山へ向かいました。

15時過ぎにチェックインしてシャワーを浴び、近くの焼肉屋さんへ・・・
お腹いっぱいになり、就寝は18時でした。
起きたのは翌朝7時。13時間も寝てしまいました〜
ホテルの朝食を食べて、いよいよ温泉です。


花山温泉  入浴料金 8:00〜 1000円  17:00〜 600円

以前から釣り帰りに寄ろうと思っていた和歌山市にある温泉です。
8時半に到着して浴場に向かいました。

入之波温泉「山鳩湯」と同じような色の温泉でした。加温された湯船と冷たい源泉槽があり、とても気持ちよいお湯でした。


犬鳴山温泉 元湯温泉荘別館「山乃湯」  営業時間10:00〜18:00 入浴料金600円 釜飯700円

「犬鳴山」という地名には、悲しく残酷な物語があるそうな・・・
和歌山市は雨だったのに紀ノ川を渡ると雪に変わりました。
そこからちょっと遠回りをしましたが何とか迷わずに犬鳴山温泉に到着。
おばさんと話をしながら少し休憩し、昼食の釜飯を12時に予約して11時にお風呂へ向かいました。
できあがるまで30分かかるので入浴前にお願いしておきます。
いつの間にか雪は止み、晴れ間が覗いていました。
眼下には清流が望め、景色は最高です。
ここのお湯は循環ですが、蛇口からは源泉が注がれていました。
手に取って匂いを嗅いでみるとわずかに硫黄臭が感じられます。お湯はぬるぬる系なのでお肌がスベスベになりますぅ〜
約1時間ぬるぬるを楽しみ、休憩所に戻ると釜飯が出来上がっていました。
美味しい〜〜!!
ここに鯛を入れたらもっと美味しいだろうなぁ〜(メニューは釜飯だけだそうです。)
 
料理
 
【刺身】
大きくなると筋が硬くなって美味しくないと思っていましたが、程よく脂が乗って非常に美味でした。
でもコリコリとした食感はありませんでした。
【塩焼き】
【真子の煮付け】
成熟した卵は綺麗にふんわりと開くのですが、未成熟なためダンゴのようになってしまいました。
【鯛飯】
椎茸・人参・油揚げを入れてみました。
ゴボウも入れようと思ってたのに買うのを忘れてしまいました。
【霜皮造り・皮湯引き】
湯引きはポン酢で・・
皮が旨い〜
【昆布じめ】
翌日に握りで食べようかな。
昆布を軽く水で戻し、水を切ってお酒で拭きました。
切り身を挟み、ラップで包んで24時間冷蔵庫へ→
時間はいいかげんですが旨味は倍増〜♪
【昆布じめの握り】
もう普通の握りは食べられない。
旨すぎる〜!!
【アラ煮】
アラをザルに入れ、熱湯を満遍なくかけます。
残ったウロコを取り除き、水洗いして煮付けました。
【味噌汁】
鍋に水と昆布を入れて火にかけ、沸騰する前に昆布を取り出します。
沸騰したらアラを入れてしばらく煮て、あとは味噌を適量入れるだけ。
しっかりとダシが出るので薄味のほうがいいかも〜