庄門丸 伝馬船

2011.05.19



今年の初釣りです。
天気予報を見て、前日に予約しました。
で、庄門丸の伝馬船では岩代沖に出てチヌ狙いが中心のようでした。
因みにこの日の竿頭はチヌ40cm〜55cmを34尾とのこと・・・(庄門丸HP


でも私はイサギ&真鯛が釣りたいので切目崎沖へ行くことにしました。
磯渡しが終わったあと、5時前に4隻の伝馬船を曳いて切目崎沖へ出発〜
10分くらいで到着して、まず私の伝馬船が切り離されました。

このポイントで4隻だけなんて初めてですぅ〜
お隣さんもかなり遠くに・・・
写真でも分かるように、伝馬船での釣りは放置プレイです。
何度か見回りに来て釣果を聞いたりしますが、あとはほったらかし〜
釣り方は自由、うるさい船頭も居ません。
あぁ極楽極楽・・・
真鯛竿3.6mを竿受にセットし、水深を測ろうと錘を投入したとたん「バキバキ」という悲しい音が・・・
金具のリングが外れて竿のつなぎ目部分が裂けてますぅ〜
予備の竿は錘負荷80号の船竿と磯竿2号3号のみ・・・
水深は30mくらいなので磯竿3号5.3mでいいかなと思ったけど、少し風があったので船竿80号3mにしました。

とりあえず磯竿2号を使って完全ふかせ釣りで様子をみます。
しかし2回連続で小鰯がかかったので、船竿80号を使った天秤仕掛けに専念することに・・・

ハリス4号6m、錘50号、グレ針8号でタナ20mから始めました。
少しずつタナを上げ、15mでウメイロが釣れました。(小さいのでリリース)
そして14mでグレやチャリコ、本命のイサギが釣れ始めましたが、型が小さい。
大きなイサギを釣りたくて更にタナを上げて12m11m10m、最後は9mまで・・・
でも30cmを超えるイサギは最後まで釣れませんでした。

80号の竿を気持ち良くしならせてくれたのはサンノジだけ・・・(T_T)
12時半に釣れた写真のサンちゃんは50cmくらいありました。
それをリリースしたところで納竿〜
13時半に港を出発し、途中何度も休憩しながら16時に自宅へ戻りました。



翌朝はチャリコとイサギの塩焼きで一杯飲んで、午前中は干物作りをしました。
 

イサギとグレの刺身
昼からグレとイサギの刺身やイザギの煮付けで飲んでました。
夜はナメロウや白子&真子で・・・
最後はナメロウ茶漬け〜

煮付け

なめろう

真子と白子の湯引き

なめろう茶漬け

干物
 
握り