庄門丸伝馬船

2013.05.13

遅い初釣りです。
前夜10時頃、出船場所に着くと車が一台も停っていなかった。
午前3時半頃に車から出ると10数台の車が・・・
磯釣りの人と岩代沖でチヌを狙う人が多い。私はイサギ&真鯛狙いです。
明るくなった5時過ぎ、3隻のカセが親船に曳かれて切目崎沖に向かって出港〜
(右の写真は帰るときのものです)

ポイントに着くとアンカーを投げ入れ、カセが安定するのを待つ間に仕掛けを準備します。
潮流は和歌山方向に流れ、風はほとんどありません。
まずは天秤仕掛けで狙ってみます。釣り始めたのは5時半でした。
水深は約30mなので22mから始めてみました。
投入ごとに少しずつ棚を上げながら16mにしたとき小気味好いアタリが・・・

釣れたのは25cmほどのイサギでした。
いつもならギリギリキープかなというサイズですが、この日のキープサイズは20cm。
実は従兄弟に魚を送る約束をしていたのです。
食べるなら20cmでも唐揚げで旨い。




1時間半で20数尾釣れたので完全フカセに変更。
釣り始めた時から完全フカセ釣りに絶好の潮流でムズムズしてたんです。
35mほど流したときリールのスプールがグォーン!!と唸りを上げました。
上がってきたのは30cmほどのイサギ。
でも後が続きません。
仕掛けを回収するとハリが無くなっています。


犯人はこいつかも・・・→

流すたびにハリを結ぶのは面倒なので、再び天秤仕掛けで釣り始めました。
ポツリポツリと小さなイサギが釣れ続きましたが、11時頃30cmくらいのグレが釣れた後、潮の流れが変わり始めてアタリが無くなってしまいました。
白浜方面に流れ始めると道具を片付けて昼寝・・zzz




迎えの船が来るまで約2時間、カセに揺られながら爆睡〜
そして最後にツライ運動が待っている。
帰る前にまず親船がカセを引っ張ってアンカーを浮かせてくれます。
その長いロープをエンヤコラと手繰ってアンカーを回収するのです。これがしんどい(´;ω;`)
串本のカセは親船がアンカーを回収してくれるのに・・・

釣果はイサギ20cm〜30cm40尾、グレ30cmでした。

 


夕方5時に帰宅し、シャワーを浴びたあと近くの「クロネコ」へ行って従兄弟に魚を送りました。
眠かったので、とりあえずグレの刺身アラの塩焼きで缶ビール2本飲んで就寝。
そして翌朝、今筋肉痛と日焼けで苦しんでおりますぅ〜( >Д<;)

二日目の夜はイサギの塩焼き・イサギ刺身・イサギ煮付・イサギ真子&白子の煮付けで日本酒をグビグビ・・・

三日目は昼からイサギ塩焼きでビールを飲んでいました。
魚ばかりでは飽きるので肉じゃがも作りました〜o(^▽^)o
 

イサギ塩焼き

イサギ刺身

イサギ煮付け

イサギ真子&白子煮付け

イサギ握り

イサギなめろう