庄門丸 伝馬船 2015.11.07


なんとなく翌日の天気予報を見ていると、和歌山県北部は曇りで波の高さ1mとか・・
よし!釣りに行こう!!

山陽自動車道から中国道に入ると、それまで空いていたのが嘘のように大渋滞。
たまらず西宮名塩で休憩だ。
駐車場はあまり混んでいなかった。

渋滞が収まったころ再び運転し、岸和田SAで夕食。
名物のしらす丼だ。知らなかったけど・・・
 
途中で仮眠をとり、休憩しながら庄門丸の出船場所に着いたのは午前1時ころだった。
真っ暗闇の中に私だけだ。
でも、4時を過ぎると焚火が始まり、客も集まり始めました。

そして、6時半頃に出船〜♪
免許を持っている人は船外機付きの伝馬船でそれぞれ自由に出船していきますが、私は免許が無いので親船に曳いてもらってポイントに行きます。

残念ながら潮は白浜方向に流れていました。
この流れで釣れた事が無い・・(T_T)
干潮が9時半くらいだったので、潮が変わるのを祈るしかない。

9時頃、船頭さんが見回りに来て、「あかんかぁ〜 場所変えるかな。」
ということで移動。
釣り方は天秤を使用したもので、ハリス4号4ヒロ・真鯛鈎10号を使いました。
で、やっと一尾目が釣れました。
25cmくらいの小さなイサギでも嬉しい。
すぐに同サイズが3尾釣れたけど後が続かない。

9時半過ぎに潮の流れが急に速くなった。
大阪方向の良い流れだ。
するといきなり竿が海中に舞い込みました。

超嬉しい石鯛だぁ〜♪
44cmなのでサンバソウと言われるかも知れないが、私にとっては石鯛ですぅ〜

良い潮流のときは完全フカセでも釣りたくなります。
アタリは頻繁にあるのですが、いつものイサギと違ってひったくっていくような食い方で、ほとんどバラシてしまいました。
口が弱いからねぇ〜
再び天秤仕掛けに換え、イサギも飽きない程度に釣れ、13時半に釣り終了。

陸に上がり、お店の方が写真を撮ってくれたので、私も一枚パチリ!


 
片身は従兄におすそ分け 石鯛刺身 石鯛皮の酢の物 石鯛アラ煮 イサギ刺身




 
イサギなめろう なめろう焼き イサギ塩焼き イサギ煮つけ